大阪市葬祭扶助 - 大阪市生活保護葬儀、福祉葬を当家負担0円

365日24時間随時対応致します
Tel.06-6653-3802

大阪市葬祭扶助「生活保護葬儀・福祉葬」のご案内ページです

大阪市で生活保護・福祉を受けておられる方

大阪市葬祭扶助を利用した葬儀

大阪市葬祭扶助とは、ご事情で大阪市より生活保護(福祉)を受給されておられた方が
お亡くなりになられた場合に大阪市がその方の葬儀費用を負担して、おこなう葬儀のことです。
よく生活保護葬儀や福祉葬といいます。葬祭扶助で決められた範囲内での葬儀となりますので
費用を追加して葬儀をおこなうことは禁止されています。

葬祭扶助を利用した葬儀は、事前に生活保護を受給している区役所 担当者様の「審査」が御座います。
審査を受け、担当者様の了承がないと葬祭扶助での葬儀をおこなうことができませんのでご注意下さい

・ご逝去後に、葬儀をおこなう前に担当者の「審査と適用」が必要
・葬儀を終えてからの「審査・申請」は一切できません
・事前に役所での審査が必要なため、土、日曜日、祝日などは申請ができません

どのような場合、生活保護葬儀(福祉葬)を適用されるのか

お亡くなりになられた方が大阪市で生活保護(福祉)を受給していただけでは
葬祭扶助は適用されません。葬祭扶助が適用されるのは、葬儀費用を支払う者がだれもいない、
葬儀費用の支払いができない事が前提となるためです。

大阪市の生活保護受給者様がお亡くなりになられた場合、生活保護葬儀・福祉葬が適用されるケースは

① 葬儀をおこなう遺族、親族がだれもいない場合(葬儀をするものがだれもいない)
② ご夫婦や世帯で生活保護を受給しており、葬儀をおこなうものが生活保護受給者の場合

①は葬儀費用を支払う、遺族や親族がだれもいないため葬祭扶助の対象となります
②は葬儀をおこなうものが、大阪市で生活保護受給者で葬儀費用が支払えないため対象となります。


※故人が生活保護を受給されていても、遺族、親族がおられ葬儀費用の支払いが可能と判断されると
 葬祭扶助での葬儀「生活保護葬儀・福祉葬」が認められません。

どこに申請すればよいのか

原則、申請者(葬儀をおこなう方)のお住まいの市区町村にある生活支援課に葬儀をおこなう前に
申請をおこないます。故人も申請者も大阪市民の場合にのみ、故人住所地の役所で申請が可能となります。

【申請に必要なもの】

・死亡診断書
・申請者様の認印
・申請者様の預貯金通帳

※申請時に葬儀場所、葬儀日時なども必要となりますので、申請前に当社にて葬儀場所、日時をご家族葬様と
 ご相談の上、葬儀内容を決めさせて頂きます。

生活保護葬儀での費用実例

大阪市葬祭扶助を利用した生活保護葬儀(福祉葬)での実際の費用例となります。




大阪市公営式場を利用した際の葬儀費用例となっておりますので、ご不明な点はお気軽にお問い合せ下さい。

ページトップへ戻る

大阪市葬祭扶助 福祉葬

Copyright(C) 大阪格安葬儀社 All Rights Reserved.